競艇場の特徴・特性ポイントを理解する

競艇場競艇場は全国に24場存在します。
一つとして同じ競艇場は無く、水質や風向きなど競艇場ごとに様々な特徴を持っています
ボートレース福岡やボートレース鳴門などは潮の満ち引きの関係で特有なうねりが発生したり、河川をそのまま競艇場としていて流れの強いボートレース江戸川など、水面状況も大きな違いがあります。
競艇場によりコース成績などが大きく変化します。
この特徴、特性を理解することは舟券攻略には重要です。

3種類の水質

競艇場の水質は全部で3つあります。

  • 河川や湖を利用していて浮力が無く硬い「淡水」
  • 海水を利用していて浮力のある「海水」
  • 海水と淡水の混じりあう河口などを利用した「汽水」

それぞれの水質は浮力や水の流れなどが違うため、予想の際には注意が必要です。
海水面では潮の満ち引きも結果に影響を及ぼします。
基本的には干潮ではまくりが決まりやすく、満潮はイン有利と言われています。

競艇場によって選手の得意・不得意が生まれる

選手から見ても、競艇場ごとに得意不得意があります。
出走表の全国成績と当地成績を比べてみるとその選手がその競艇場が得意かどうかが分かります。
競艇場ごとに特徴があるため、その特徴を知っていて攻略できる選手ほど良い成績を残しやすい傾向にあります。
特徴を知っている選手といえば、主に地元選手などです。
やはり走りなれている分大きなアドバンテージとなり、地元戦は活躍が目立ちます。