選手の勝負気配を読むポイント

レース

通常競艇は6日間開催で1~4日が予選、5日目に準優勝戦、6日目には優勝戦が開催されます。
準優勝戦に駒を進めるには予選の順位によりポイントを積み重ね、予選通過のボーダーを超える必要があります。
4日目のレースは選手があと何ポイントで準優勝戦に進めるかを意識してレースするため、レース展開も変わってくるのです。
例えば4着以内を取れば準優勝戦に進める選手は、攻めたレースをするよりも安定して4着以内を狙えるようなレース運びをすることが多いです。
反対に1着を取らなければいけない選手はそのレースが勝負ということになります。
準優勝戦進出のために勝負レースに挑むことを「勝負駆け」といいます。
選手の置かれている状況を理解することは、レース展開を予想することに役立ちます。

期末のレースで見るべきポイント

勝負駆けは4日目のみで行われるものではありません。
競艇では次の所属クラス(B1・A2など)を4月末と10月末に決定します。
少しでも高いクラスに入れるよう、ボーダーライン上の選手はもちろん勝負駆けをします。
フライングのないような選手であれば、かなり攻めたスタートをすることも良くあるので注意が必要です。
また、特に注意しなければならないのは事故率です。
選手たちは事故率が半年間で0.70を超えると強制的に一番低いランクであるB2となってしまいます。
事故率が0.70に近い選手は優勝戦など特別なレースの場合を除き、絶対に攻めたレースはしません
このように、期末が近い場合は普段意識しない勝負駆けの可能性を考えなければいけないのです。